外見の美しい戸建て

新築住宅でのメリット

広い道がある住宅

新築住宅を購入する際は分譲住宅か、中古住宅かでまずは選択肢が別れます。いずれの場合も新築住宅であれば、高額な支出を伴いますが、新築住宅だけのメリットがあります。全ての物が新しいので、心地よく生活を始めることができると言う点です。そして、新築住宅最大のメリットは補助金が給付されることです。新しい家を手に入れることができると同時に、補助金も支給されるので購入費用を善托負担する必要はありません。月々の支払を無理のない範囲で計画する必要がありますが、高額になる住宅ローンの利息を補てんする事ができるということは大きなメリットになります。頭金をできるだけ多く用意しておけば、返済期間も短くなるので更にお得です。

少子高齢化に伴い、人口が減少している日本ですが、人口減少と相反して新築物件の着工は増加を続けています。これは、日本では不動産への信用が未だに高いと言うことが挙げられます。高度経済成長期には、住宅着工戸数を増加する事で日本経済が発展する要因になりました。住宅は経済循環を潤すことができる物と未だに信じていることもあります。投資対象として不動産価格が下落する事は政府は避けようとするので、価値を維持するためにも住宅の着工戸数を伸ばし続けています。しかし、購入する側にとっては躊躇することになるので、住宅が売れるように補助金を設定しているのです。建設業に従事する人の雇用を確保するためにも、住宅への補助金は手厚いものになっています。